インスリンはバランスのよい分泌を助ける

インスリンとは、体内で作られているホルモンの一種で、血糖値を減少させてくれる働きを行います。

体内にあるホルモンの中で唯一、血糖値を減少させる役割を果たしてくれるのがインスリンなのです。

通常の場合、血糖値は常に分泌されています微量のインスリンや食事などによって、バランスよく一定を保つことが出来ています。

血糖値が上がった場合には、直ぐに察知し必要な分のインスリンが分泌されます。

ですが、糖尿病を発症した方の体内にあるインスリンはインスリンの分泌量が減少してしまったり、インスリンの働きが低下してしまったりとバランスのよい分泌を行う事ができません。

そのため、血糖値があがり高血糖状態となってしまいます。

ですので、インスリン注射で体内にインスリンを注入し通常の血糖値を保つようコントロールしているのです。

糖尿病には「1型糖尿病」と「2型糖尿病」の二つの種類に分けられています。

2型糖尿病の場合には、膵臓に分泌されているインスリンは減少していますが全く無いわけではありません。

ですが、食事療法や運動療法、飲み薬など他の治療法を行っても血糖値をコントロール出来ない場合はインスリン注射の治療法を行います。

1型糖尿病の場合は、膵臓に分泌されているインスリンの分泌がほとんど無くなってしまいます。

ですので、1型糖尿病の方はインスリン注射の治療法が必ず必要となります。

インスリン注射で体内にインスリンを注入する以外に、体内にインスリンを送り込む方法はありません。

なのでインスリン注射の治療法を行っている方は、このインスリン注射を毎日欠かさずに行わなけれないけません。

インスリン注射には、効果の持続時間や効果が現れるまでの時間などによって「超速効型」「速効型」「中間型」「混合型」「持効型」の5種類に分けられています。

超速効型は、10分~20分で効果が現れ、持続時間は約2時間ほどになります。

速効型は、30分ほどで効果が現れ、持続時間は5時間~8時間ほどになります。

中間型は、効果が現れるのが1時間~3時間、持続時間は18時間~24時間ほどになります。

混合型は、混合する薬によって異なりますので30分ほどで効果が現れ、持続時間が18時間~24時間のモノもあれば、10分~20分で効果が現れ、持続時間が18時間~24時間ほどのものもあります。

持効型は、1時間~2時間ほどで効果が現れ、持続時間はほぼ一日中効果を保ちます。

因みに、「超速効型」や「速効型」はインスリンの追加分泌を補う際に使用される事が多く、「中間型」や「持効型」はインスリンの基礎分泌を補う際に使用するものとされています。

どちらのタイプも使用する方の血糖値の状態などにより、使用量や使用タイミングも異なります。